PBSim Wiki

放置型データマイニング系プロ野球シミュレーションゲーム、PBSimのWikiです。

PBSimの特徴

  • プレイヤーの役割
    • プロ野球チームの監督として選手を起用し、シーズンを戦います。
    • プロ野球チームのオーナーとして、選手や監督、コーチの人事、チームの経営も行います。
    • ピッチャーやバッター等の選手としてのアクションの要素はありません。
  • データの分析
    • 試合そのものよりも、試合結果や選手の成長等のデータを見て愉しみます。
  • ゲームの進行
    • ネットワークを介して他のユーザと対戦するマルチプレイヤーゲームです。
      • AIを相手したソロプレイも可能です。
    • 基本的に自動で進行します。放置型のゲームです。
      • 選手の行動パターンを事前にスクリプトとして登録できます。
  • 架空の野球世界
    • 実在のプロ野球チームとは関係がありません。架空のリーグ、架空のチームです。
    • プロ野球の1軍のチームだけでなく、2軍のチームや社会人チーム、大学チーム等も並行してそれぞれのシーズンを戦っています。
  • リアリティの追求
    • 選手や監督、コーチの能力を完全に把握することはできません。常に過大評価や過小評価が発生します。
      • 優秀な監督やコーチ、スカウトはより正確に能力を見抜くことができます。
    • 選手は基本的に短命です。長期間、現役を続けられる選手はわずかです。
      • 優れた才能を持っていても、ケガでの長期離脱や引退といったリスクがあります。
  • オープンソースソフトウェア
    • ソースコードをLGPLで提供します。ライセンスに基づいた上で、自由に配布、改変ができます。
  • ロジックとインタフェースの分離
    • ゲームのロジック部分を、コマンドライン、GUI、Web等の各種インタフェースから利用できます。

PBSimのバリエーション

  • PBSimCmd
    • コマンドラインのアプリケーションです。
    • ソロプレイ専用です。
    • 新機能の実験が主な用途です。
  • PBSimGUI
    • Java SwingによるGUIのアプリケーションです。
    • ソロプレイ専用です。
  • PBSimWeb
    • HTML5で動作するWebアプリケーションです。
  • PBSimLib
    • PBSimのエンジン部分です。
  • PBSimUtil
    • CSVやXML等から、PBSimのデータをインポートしたりエクスポートできるコマンドラインベースのツールです。
  • PBSimStat
    • 野球の統計処理を行うJavaクラスライブラリです。ゲーム以外の用途にも活用できます。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-03 (土) 14:37:05 (2564d)